ごあいさつ

人とのつながりを大切に60年弱
これからもみなさまに信頼される代理店でありたい

保険は目に見えない商品だからこそ、私たちはお客さまとの信頼が大切だと感じています。
1960年の創業以来、お客さまと顔を合わせ、しっかりと耳を傾ける、そんなことを積み重ねながら営業してまいりました。
これからも、私たちとお客さまとの関係をより深いものにしていくことはもちろん、時にはお客さま同士のつながりも取り持つことで、地域社会の発展にも貢献していきたいと考えております。
すべてのお客さまが安心で、健やかな生活を送れるよう、私たちは常にベストを尽くします。

経営理念

「お客さまに信頼される代理店」「お客さまから選ばれる代理店」を目指して、
より一層お客さまの視点に立った保険代理店事業に取り組むことにより、地域社会の発展に貢献します。

行動指針

  • 徹底したお客さま視点ですべての価値判断を行い、お客さまから選ばれる代理店を目指します。
  • 保険代理店事業を通じて、地域社会の発展と環境対策に貢献します。
  • プロ代理店として常に情報のアンテナを張り、
    新しい知識の習得と研鑽を怠らず、保険の代理店の模範となるよう努めます。
  • 代理店業務の品質向上により、お客さまに安心とサービスを提供します。
  • 思いやりとチームワークで明るい職場を目指します。

沿革

1960年
大貫政男(現社長の母方の祖父)が川崎市幸区小向にて「小向代理店」(酒店兼業)創業。当時は大成火災
1973年
安藤進(現社長の父)が小向代理店に入社
1983年
安藤進が「安藤損害保険」として継承し、神奈川県川崎市多摩区菅北浦に自宅兼事務所を移す
1991年
安藤勝也(現社長)が日本火災(当時)に入社
1999年
安藤勝也が日本火災退社。「安藤損害保険」を引き継ぎ、代理店名を「安藤保険サービス」に変更。同時に生命保険取扱いを開始

現在の場所に事務所を開設(2階建 約10坪)

2001年
日本火災と興亜火災が合併し、日本興亜損保となる

大成火災経営破綻に伴い、日本興亜損保(当時)に代申変更

2001~2013年
認定中核代理店に13年連続表彰
2002~2012年
生保ゴールド9回達成
2006年
「保険相談センター 株式会社ベスト」として法人化

「TOK保険サービス」徳永佳津(現副社長)と合併。狛江支店開設

生保年間グランド表彰

2007年
中核ランク「ブロンズ」(1億)達成
2009年
中核ランク「シルバー」(1.5億)達成
2013年
中核ランク「ブロンズ」(2億)達成
2014年
日本興亜損保と損保ジャパンが合併し、損害保険ジャパン日本興亜となる

第一生命委託。第一生命年間表彰達成

2015年
損害保険ジャパン日本興亜「PA(プロフェッショナルエージェント)代理店」登録
2016年
事務所増床(2階建 約20坪)